心の鎧


おはようございます。

佐藤です。

さっき、NHKのラヂオで、水戸放送のアナウンサーが、失語症の彼女が、市の正社員(職員)に採用され、

念願だった図書館に勤めることが出来たのだけれど、障害の為、うまく仕事ができない。

その事を、仲間に話したら、最初から上手くできるはずがないよと。

障碍者でなければ、国からの、失語症の認定も、低いほうで。

その様に悩んでいました。

出もあるとき、先輩たちの私への援助に気づくと、自分がやれる範囲でやればいいと。

健常者と障碍者の壁を作っていたのは自分自身なのだと。

心の鎧を一枚脱ぐことができたそうです。

あなたにもありませんか、そのようなことが。

リンク先を書いておきますね。

http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00795.html

今日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

それではまた。

失礼します。