離れる


今日は離れるということをお話しますね。

以前書いたことがあるのですが、その時は確かDrクラズナー博士の講演会で被験者になっていただいた婦人の方が

何かを思い出し感情的になった時、そこから離れてくださいと。

触れないでいいことはそのままにしていてくださいと。

今日はそのことではなく催眠中に悩みの中の自分からほんの少し離れてみるという練習をしてゆくのですが。

あなたもぜひどうぞ。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。。