私の尊敬する


私の尊敬する先生の一人にDrクラズナーがいます。

以前お話しできなかった分ですが、最初クラズナーが、私は妻と女の子だけ3人いますと。話した後、

観念応答法と言うのがあるのですが、あなたも見たことがあるかもしれません。

振り子の様なもので、はい、と、いいえを決めて質問をして、はいか、いいえを聞いていく。

たとえば、右左に動くをはい、まわるをいいえ、としますね。

クラズナーが私は女ですと言うと、相手の方はいいえのサインを送りますよね。

その他の質問をして、自分の子供の質問をします。

私は女の子だけで、男の子供はいません。もちろんはいですよね。

でもそこで、クラズナーが、本当は、私には女の子はいません。男の子だけですと。

どうでしょう、あなたはどう思いますか?。

悩んでいることの何かの役に立ちそうでしょうか。