新着情報

スポーツと自律訓練法(2)

2014/12/11
今晩。

少し間が開いてしまいました。ごめんなさい。

今日はもっと分かりにくいと思いますが、ぜひあなたにシエアーしたいので。

(1)の続きですが、東北の国立大学の教授がほぼ10年がかりで空手の型の選手に、自律訓練法を用いて、試合での緊張緩和をしたいので。

と、いうことで、その教授を訪ねて来ました。

最初、催眠を用いたようですが、あまり上手く出来ず、自律訓練法に変え、相当な時間をかけて練習をしたそうです。

そのかいもあり、自律訓練法中に激しく体が動く様になりました。

そのことで、足の筋肉や腱を切ることになり、そういう意味では、無意識をそのままだしてしまい、制御することが出来ませんでした。

そこで、その制御を覚える為、又、相応の時間を使う。という様に、中々上手く制御を覚えられず、相当の時間がかかってしまいました。

よく聞きますよね。

火事場の馬鹿力。
 
無意識はすごい力があり、でもいつもは、それを意識が制御していて、筋肉や、腱を痛めてしまわないようにしているのですが。

ある意味、自律訓練法が上手いのかもしれませんが。

そしてまた怪我をして。

そしてやがて、国債の型の選手会で優勝者となり、やがて、国際の審判員になったとのことです。

ああ、守秘義務はあと何年残っているのかな。
 


<<戻る

  • 【ご相談・お問い合わせはこちらからお電話ください。】IP:050-1414-7301 TEL:025-284-7300
  • トップページ
  • セミナー / カウンセリング
  • 料金・時間
  • 自律訓練法
  • 商品紹介
  • 店舗案内
  • お問い合わせ

Information

佐藤催眠心理研究所
〒950-0941
新潟県新潟市中央区女池8-14-1
新潟で催眠療法ができる場所をお探しなら、佐藤催眠心理研究所までお越しください。
営業時間 9:00~20:00 月曜休み

  • IP.050-1414-7301 TEL.025-284-7300
  • Mail Form
  • 佐藤催眠心理研究所別室

pagetop